当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

アユタヤ王朝の建物と現王朝の建物


アユタヤ地方の外れ(バンコク方面)にあるバンパイン宮殿ですが、これはアユタヤ王朝時代のものではなく、アユタヤ地方の辺りに建てられた現王朝のものです。
そのようなわけで、バンパイン宮殿はアユタヤ王朝との関係はないです。

スポンサーリンク

一方、バンコクにあるワット・アルン(暁の塔)ですが、これはアユタヤ王朝が建てた守護寺院ですので、アユタヤ王朝時代の建物です。



アユタヤ王朝時代の中心部がアユタヤ地方ですので、その当時の守護寺院が首都から離れていたことが分かります。
(どうして首都から離れた位置に守護寺院を設置したのかな?)

ちなみに、現王朝になると守護寺院は移動されたため、現王朝の守護寺院はワット・プラケオ(エメラルド寺院)になりました。


スポンサーリンク