当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【川の都】 アユタヤ市内の風景


アユタヤ遺跡のあるアユタヤ市内は、高いビルの建っていない田舎の町です。
昔はこのアユタヤ地方が都市として栄えたのですが、今ではすっかり、その面影もなくなってしまいました。

アユタヤ市内には川が流れており、その川は古来から重要な交通手段でした。
そのため、川に面した家々には、川へ下るための階段がついているものがあります。
この階段を下って、船に乗り込むんですね。

タイには、このような船を交通手段として利用する文化が昔からあるようで、ワット・アルン(暁の塔)付近の川でも、バンパイン宮殿(歴代のラーマ王の夏用の別荘)でも、川を交通手段として利用されるのが見られました。


スポンサーリンク