当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

バンコクの元王宮や寺院のトイレについて


トイレは概ねキレイでした。
洋式トイレも整備されていて使いやすくなっていました。

スポンサーリンク

一箇所だけ、トイレットペーパーのないお寺のトイレがあったものの、それ以外のトイレは、トイレットペーパーもありました。
また、タイの国際空港のトイレも普通の日本の空港のトイレと変わらないほど、非常にきれいなトイレでした。

ただ、トイレットペーパーは流さずに、バケツの中に入れるタイプのトイレもありましたので、トイレットペーパーを流してよいかどうかは、使用前に確認した方が良いかもです。
あと、何故か水かかけられるようになっているホースの付いたトイレがありましたが、そのトイレのホースは何に使うのかは結局、分からず仕舞いでした。
(そのホースで、使用済みのトイレの水を流すと言うわけでもなさそうでしたし・・・)

ガイドブックに乗っていた典型的なタイ式トイレばかりかと思っていたのですが、そのような昔ながらのトイレは一箇所しかありませんでした。


タイの寺院や元王宮のトイレの洗面所はハンドソープつきのものが多く、中には日本よりも状態が良いトイレもありました。

でも、トイレットペーパーのないトイレもありますし、場所によっては古いタイプのトイレ(使用後に水を自分で汲んでトイレに流す)もあるようですので、ガイドさん付きのツアー旅行の場合は、担当のガイドさんにキレイなトイレかどうかを確認されると無難かと思います。


ちなみに、これは余談ですが、お寺などのトイレはトイレットペーパーの回転の向きが左右になっていましたので、最初はちょっと戸惑ってしまったですよ。
あと、そのタイプのトイレットペーパーは巨大だったので、それもちょっとビックリしました。


スポンサーリンク